1. ホーム
  2. トップス
  3. Tシャツ/カットソー(半袖/袖なし)
  4. チャレンジャー challenger
チャレンジャー challenger
商品の説明

CHALLENGER tシャツ
( SKULL DANGER )
新品未開封 希少 XL


商品の情報

カテゴリー:
メンズ->トップス->Tシャツ/カットソー(半袖/袖なし)
商品のサイズ:
XL(LL)
ブランド:
チャレンジャー
商品の状態:
新品、未使用
配送料の負担:
送料込み(出品者負担)
配送の方法:
らくらくメルカリ便
匿名配送
発送元の地域:
広島県
発送までの日数:
2~3日で発送

チャレンジャー challenger

授業をシンプルに楽しく。 教育をシンプルに楽しく。

チャレンジャー challenger

美品値下げ中!ZOOM「TAC-2」/オーディオインターフェース

 

 

 では、ねらいを念頭に学習課題を考えてみましょう。

 まず、低学年です。低学年で意識したいことは「順序」です。

 中学年で意識したいことはまず、「段落」です。

 「はじめ」には、まずお礼の文が入ります。「中」は、感謝している内容を書きます。「終わり」は、あいさつです。

 「中心」を意識させたい時は、次のような学習課題が考えられます。

 書き出しを「僕が学習発表会で一番心に残ったことは〜です。」とすれば、おのずと中心が明確になる作文になります。

 高学年の「構成の効果」を意識させる課題には次のようなものがあります。

 いずれにせよ、運動会や宿泊学習の全体について書くのではなく、中心を決めて書き進めることになります。

 

 

評価「順序よく書けていて、○○君がしたことが分かりやすかったよ。」

評価「〇〇さんの心の中がよくわかって楽しく読めたよ。」

評価「クライマックスが詳しく書けていて読んでいて引き込まれたよ。」

チャレンジャー challenger

 初級編(2)は「音読の指導」です。ここでは中学年を想定してみましょう。

 

 まずはねらいを考えます。そもそも音読の目標とはなんでしょう。

 

 次に学習課題を考えます。導入時に、「まず正しく読めるようにさせたい」という時は、次のような課題が考えられます。

 次の段階としてスムーズな読みを目指す時には、次のような課題が考えられます。

 また、単元のねらいに沿った学習課題も考えられます。

 その他にも、目標をもたせて取り組む学習課題も考えられます。

 どんな力をつけたいか明確にして学習課題を設定します。

 

 ねらい・学習課題、子どもたちの状況に合わせて、読ませ方を工夫しながら活動を組みます。

 

 

HERMES エルメスマルジェラ期シルク100%ショール(ストール)
 

カスタムパーツカタログ - ダッジ チャレンジャー | CALWING キャル Tシャツ/カットソー(半袖/袖なし)CHALLENGER FIRE CAP ダイワ ダブルネーム ルアー&キャップセット Tシャツ/カットソー(半袖/袖なし)ブランド品専門の チャレンジャー CHALLENGER コーチジャケット マシス Tシャツ/カットソー(半袖/袖なし)メンズ チャレンジャー CHALLENGER Tシャツの通販 by ma-ya|ラクマ り Tシャツ/カットソー(半袖/袖なし)


 

チャレンジャー challenger

 ここからは、実際の授業づくりを考えてみましょう。

 

 初級編(1)は「新出漢字の指導」です。ここでは低学年を想定してみましょう。

 学習課題は例えば次のようなものが考えられます。

 ※ここで示す課題は該当する学年で未習のものも全て漢字で表します。

 これは、ねらいからストレートに下ろした課題です。

 評価も視野に入れれば、次のような課題も考えられます。

 このような課題にすれば、学習の最後に目をつむって書けるかの確認(評価)が行われることになります。

 

 次に、学習活動を考えます。ここは自由な発想で考えましょう。

 大切なのは「全員に合格させること」。その上で楽しく熱中できる要素があればもっとよいです。

 一度では覚えられない子もいます。私の場合は、低学年であれば特に、声を出しながらの空書き、指書き(机に指で書かせる)を繰り返し行わせます。

 筆順を覚えたら、鉛筆を持って、ドリルや漢字練習ノートに練習する時間を取るとよいでしょう。

 当たり前のことですが、学習活動は多様です。

 輪番で子どもが先生になって筆順を教える指導も可能です。先生も楽だし、子どもも力がつきます。

 教室には、なかなか習得が難しい子もいるかもしれません。そういう子の顔が思い浮かんだら、別の対処法も考えておくとよいです。

 

 そして最後は評価です。

 学習の最後に、目をつむって空書きをさせれば、きちんと覚えているかすぐに確認できます。

 隣の子に向かって書かせ、隣の子同士で確認する方法もあります。

 黒板に書かせる方法もあります。1列目の子が1画目、2列目の子が2画目・・・というように書けば、ゲームのように楽しく確認ができます。

 教師が黒板に書いてある漢字のある画に色をつけて、「これは何画目でしょう。」と聞いてもよいです。

 いずれにせよ、間違って書いていた子にはもう一度練習をさせて、正しい筆順を覚えさせます。

 

 

チャレンジャー challenger

 シンプル授業を目指す中で、陥りやすいのが、「ねらいのぶれ」です。

 ねらいがぶれることで、一貫性が保てなくなります。

 なぜ、ねらいがぶれてしまうのかと言うと、ねらいが絞りきれないことに原因がある場合が多いです。

 

 例えば、次のようなねらいを設定してしまうと、授業の軸はぶれます。

「繰り上がりのある足し算の筆算の計算方法を考え、繰り上がりのある足し算ができる。」

 この2つを1時間の授業の中で、指導し、評価するのは大変です。

 「思考・判断」と「技能」の2つの指導をし、2つの評価をし、それぞれにできない子を支援・再指導する。1時間の中でこれだけのことをするのは大変です。

 これは一貫性が崩れてしまった状況です。

 最悪な場合は。「できない子をそのままにしておく。」という事態も生まれてしまうかもしれません。なにしろ、教室には大きく4種類の子がいるのです。

 (1)「思考・判断」はA・Bで「技能」もA・B

 (2)「思考・判断」はA・Bで「技能」はC

 (3)「思考・判断」はCで「技能」はA・B

 (4)「思考・判断」はCで「技能」もC

 この状況で全てのCの子に対応するのは神業と言えます。

 一貫性をもつためには、ねらいを絞る。

 ねらいを1点に絞り、小さなステップを上がり、評価をして押さえる。

 一貫性のある授業で力を確実に伸ばすのです。

ミドルブーツ
 

 

チャレンジャー challenger

《授業の基本構成》 

  ねらいの設定→学習課題→学習活動→評価

 

 ここまでで、

  • ねらいを明確にし、するべきこととしなくてもよいことを明らかにする。
  • ねらいを達成するための学習活動自由な発想で考える
  • 子どもたちが自信や達成感をもてる評価をする。

 という流れで授業の大きな流れを組み立ててきました。最後は、「学習課題」でこの流れに軸・背骨を入れて、全体を支えます。

 

 1年生鉄棒「足抜き回り」で考えてみましょう。

 ねらいからそのまま下ろせば、

 ということになります。これでも十分です。

 でも、子どもたちの中にはもうできている子もいるのです。全員が意識できる課題が望ましいです。

 もし、運よくオリンピック選手にゲストティーチャーに来ていただけたら、子どもたちに意識させる学習課題にします。


 また、視聴覚教材等で、足抜き回りのレベルを「名人」「達人」「上級」「合格」などと分けて示すことができれば、 

 などと、シンプルに目標を示すことができます。

 

 

 深緑色の黒板に、白地に赤枠の課題ボードに水性ペンで課題を書くと、否応なしに、子どもたちの目に飛び込みます。

 したがって、課題を書く教師も、いい加減なことは書けないという構えになります。

 子どもたちは課題に書かれたことを意識して1時間の学習に取り組みます。

 シンプル授業には非常に有効なペリーコ人気定番ショートブーツとなります。

 

 

広告を非表示にする チャレンジャー


チャレンジャー challenger

《授業の基本構成》 

  ねらいの設定→学習課題→学習活動→評価

 

 「学習活動」の次は「評価」になります。

 「学習課題」を抜かしていますが、これは授業の要ですので、教材研究の段階では、最後に決めても遅くはありません。

 

 1年生の鉄棒、「足抜き回り」で評価を考えてみましょう。

 評価基準を明らかにします。

 前・後ろ、どちらかにスムーズさが欠ける場合はB。

 補助がないとできない場合は残念ながらCです。

 目標は、全員がBをクリアすることです。

 

 さて、そもそもなぜ評価を行うのでしょう。

 

 評価にはいろいろな役割があります。意識して行うと、効果的な指導に結びつけることができます。ここでは4つの役割を示します。

(1)成績をつけるため

(2)指導の効果を確かめるため(全体)

(3)指導の効果を確かめるため(個)

(4)子どもたちに自信や達成感をもたせるため

 

 さて、1年生鉄棒「足抜き回り」に話を戻しましょう。

 練習の中盤から後半に一人一人を評価する時間を取ります。

 

 前後にスムーズに連続して回れる子には「すばらしい!」「先生より上手だなあ!」などと評価します。

 足をかけずに回れた子には「上手!足をつかないで回れたね!」とよさを認め、「連続でできるともっといいよ」さらなる目標を示すこともあります。

 足をかけて何とか回れた子には「合格!」「やった!できるようになったね!」と成長を評価します。

 

引用をストックしました

引用するにはまずログインしてください

引用をストックできませんでした。再度お試しください

限定公開記事のため引用できません。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる